セロー225復活計画

バイク整備

エンジンがかからなくなったセロー225を復活させます

一年放置してしまったセロー225、案の定エンジンがかからなくなってしまいました。記録もかねて書いていきます。復活計画と銘打ってはあるけどあんまり大掛かりなことはしなくても復活しそうです(?)

  • 目的
  • 方針
  • まずはバッテリー充電から
  • セルモーター外そうとしたらネジ舐めました
  • ありがとうネジザウルス、初めてのバッ直、初めての火花
  • セルモーターが回りました。でもエンジンかかりません

目的

①セロー225を復活させてオフロード練習を再開する

②バイク整備の知識を身につける

③必要な工具を買い揃える

④節約

方針

お金をかけずに知識を身につけウルトラハッピー!

現状ほぼほぼエンジンかかりそう

とりあえずキーを差して回してみるとニュートラルランプは着きました。いけそう。セルを回すと回りません。無音

キックしてみると爆発は何回かして止まる感じなので、セルしっかり回せば普通にかかりそうです

ガソリンが腐ってる可能性も考えましたが、抜いたりするの面倒なのでフューエルワンを入れてお茶を濁します。

フューエルワンはスクーターがカーボン噛みしたときにバイクやさんに入れてもらって以来信用してます。大好き

まずはバッテリー充電から

セロー225のバッテリー外したことないのでとりあえずインターネットで調べて外します。

車体右側のサイドカバーは矢印のネジを一本外して手前に引いたら外れました。整備性よすぎます。

端子のネジを緩めたらバッテリーを外せました。

着いてたバッテリーはGSユアサのYTZ7S。

購入時に新品をつけてもらったものです。良いバッテリーをつけてもらってたみたいで嬉しい!

Amazonで数年前に購入した謎中華バッテリー充電器で充電します。

Faultは出ないしちゃんと充電されてるっぽい?いけるか?

これでまたちゃんと使えるようになったら嬉しいです。バッテリー買わなくて済みます。

充電完了したらバッテリー付けてキーON!とりあえずニュートラルランプとウインカーはつきました。

ドキドキしながらエンジンON!セルはうんともすんとも言いません。セルモーターのカチカチ音もせず。

セルモーターの故障を疑い、セルモーター単体での動作確認します。

必要そうならオーバーホールしようかな(わくわく)

セルモーターの取り外しはボルト2本で外せます。アンダーガード外してボルト外すだけ。整備性の高さに感謝です

このボルト外して取り外して、ちなみにがっちがちでした。ちゃんとしたごつい+ドライバーの購入を決意。

錆びさびのネジには土と埃がたっぷり詰まってました。洗車してもここまでは洗えてなかったようで。。このネジと端子が錆びているからセルまで通電していないのかな?とりあえず外して部屋でセルのチェックするぞ~といったところで、

ネジが舐めました。一時撤退します。

やりました。錆びてるし舐めそうだなー怖いなーと思ってたら一発目で舐めました。

作業中断、すぐにネジザウルスを購入し、なんとかネジを外します。

ホームセンターでテストコードとM5のネジも購入。セルモーターのネジの正しい素材がわからず、とりあえず鉄にメッキしてあるものを買いました。

こんな感じでバッテリーから直接通電してセルモーターが無事か確かめます。

何度か火花が散り、びっくりしながらマイナス端子を押し付け、セルモーターが元気に回ることを確認しました。

これでセルモーターが無事であることがわかり、6000円以上するセルモーターを買わずに済んでラッキー!と思うと同時に、電気系統の故障なら直せるのかな?と思いとりあえずセルモーターとバッテリーをもとに戻しました

セルモーター回りました

セルモーター回りました。

でもエンジンかかりません。リレーとか配線?とかに問題ないことが判明。一安心です。

ネジが錆びすぎて接触不良だったのかな?

次はガソリンが腐っている可能性を潰しにいきます。

キャブレターのオーバーホールは興味あるけど怖いので後回しです。

ついでにエアクリーナーとプラグの火花もチェックします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました